Copan Group

クリニカル

eSwab®

多用途の検体採取および輸送システム

eSwab®– Copanのアミーズ液体培地スワブは、好気性菌、嫌気性菌、特殊栄養要求菌、
ウイルス、クラミジアを含む臨床検体の採取および輸送を目的とした多用途システムです。

プロダクトフォーカスをダウンロード

優れた培地

ワークフローの効率化

eSwab®は、その技術的特徴と独自の製法により、医療検査(グラム染色、細菌培養、核酸検査など)のワークフローを効率化し、コストを削減することができる汎用性の高いデバイスです。

Copan

オートメーション

オートメーションを
可能にした製品

eSwab®で採取した検体は、WASP®による自動処理に対応しているだけではありません。Liquid Based Microbiology (LBM)というコンセプトへの扉を開き、微生物ラボのフルオートメーション化への第一歩となりました。

クリニカルオートメーション
Copan

たった一つのデバイス

eSwab®は従来型および自動化された細菌培養、グラム染色、核酸増幅検査検査、および迅速抗原検査などマルチな検査機能を実現します。

CopanGroup

FLOQSwabs®

毛細管現象を利用した迅速な検体採取と優れた放出性能を実現し、医療診断検査の可能性を広げます。

もっと見る
CopanGroup

CLSI M40-A2基準

eSwab®は、CLSI M40-A2 Quality Control for Microbiological Transport Systemの規格に準拠しています。

CopanGroup

マルチな検査機能

eSwab®は、核酸検査を含む広範な医療検査アプリケーションと互換性があります。eSwab® は均一な液体試料を作るため、一つの試料から複数の検査を実施することができ、複数回のサンプリングや在庫コストを削減できます。

CopanGroup

汎用性の高さ

eSwab® は、さまざまなニーズに合わせて、多様なチューブサイズと、培地充填量を揃えております。様々なスワブと組み合わせることができ、ロットでご提供することも可能です。

CopanGroup

保存安定性

eSwab®を用いた検体は、20~25℃または冷蔵で48 時間、培養検査において保存安定性が確認されています。但し、Neisseria gonorrhoeaeは24時間以内に処理してください。また、eSwab®は、DNA、RNA、細菌やウイルス、クラミジアの抗原を室温で5日間、4°Cで7日間、-20°Cで最大6ヶ月間保存することができます。

理想的な組み合わせ

FLOQSwabs®について

eSwab®とFLOQSwabs®の組み合わせは、採取部位を問わず類を見ない検体採取機能を実現し、その可能性をさらに広げます。私たちが「パーフェクトな採取デバイス」と呼ぶ理由をご覧ください。

FLOQSwabs®
Copan

製品ラインについて

この製品ラインは、ニーズ別に適した様々な製品を取り揃えています。
これらの機能の概要をご確認の上、お客様のニーズに合った製品コードと、
お客様の国で入手可能な製品については、当社までお問い合わせください。

採取部位

Copan Group
  • 創傷
  • 皮膚病変
  • 鼻腔
  • 咽喉
  • 鼻咽頭
  • 直腸
  • 尿道

適用分野

Copan Group
  • 細菌培養
  • 呼吸器感染症
  • 性感染症
  • MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)/MSSA(メチシリン感受性黄色ブドウ球菌)
  • カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)/バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)
  •     

  • 皮膚感染症

形状

Copan Group
  • レギュラー
  • ミニチップ
  • フレキシブルミニチップ

ダウンストリームアプリケーション

Copan Group
  • マニュアル細菌培養
  • 自動前処理
  • 迅速抗原検査
  • グラム染色
  • 核酸増幅検査
注文情報をダウンロード
推奨される使用方法の一覧表です。お客様のGLP基準を参考に、最適なデバイスをお選びください。
当社製品を診断キットや診断設備と組み合わせて使用する際には、ご使用者自身で内部検証を行う必要があります。

サイエンティフィックな評価

当社は常に科学的なアプローチを信じ、私たちの努力や取り組みに対する成果について、
多方面からの評価を受けたいと思っています。

学術研究を見る

Journal of Clinical Microbiology 2015 – Silbert S. et al.

In summary, the two next-generation real-time PCR assays evaluated in this study presented high sensitivity and specificity to detect and identify MRSA strains in eSwab®-collected nares samples, including at least one isolate carrying the mecC gene.

さらに見る

Southern African Journal of Infectious Diseases 2017 – Gumede L. et al.

To ensure the preservation and an acceptable isolation rate of N. gonorrhoeae from urethral discharge specimens, Copan eSwabs® should be transported and maintained at refrigerator temperatures, and must reach the processing laboratory by at least 120 h (5 days) after collection.

さらに見る

Journal of Clinical Microbiology 2017 – Silbert S. et al.

The BD Max StaphSR assay and culture displayed an excellent overall agreement for the detection of MRSA (99.2%) and S. aureus (96.8%) from eSwab®-collected wound samples.

さらに見る

Diagnostic Microbiology and Infectious Disease 2020 – Saliba R. et al.

To our knowledge, this study is the first to study the effect of Freeze/Thaw cycles and prolonged freezing of eSwab® liquid on the viability of aerobic bacteria. Optimal results are obtained when the eSwab® liquid is aliquoted and stored at -80 °C.

さらに見る

Journal of Microbiological Methods 2015 – Avolio M. et al.

The eSwab® fulfilled the CLSI acceptance criteria of viability maintenance for all microorganisms tested at T0, T24 and T48 timepoints. Under the storage condition evaluated, the Copan eSwab® has shown a better recovery capability than Σ-Transwab device.

さらに見る

この製品ラインに関連するリソースを探す

Copan Group

パンフレット・資料

適用分野カタログ (英文)

Copan Group

科学冊子(英文)

Copan Group

科学冊子(英文)

Copan Group

科学冊子(英文)

Copan Group

科学冊子(英文)

Copan Group

科学冊子(英文)

Copan Group

科学冊子(英文)

Copan Group

製品焦点 (英文)

Copan Group
Copan Group

関連ビデオ

ビデオ (英語)

eSwabs®

For aereobe, anaerobe, and fastidious bacteria detection

Copan Group
Copan Group

主な学術研究

学術研究

A Comparative Evaluation of Automated (Copan WASP®) Versus Manual Methods for Plate Streaking and Specimen Processing

Preneshni Naicker, Keithea Mentoor, Clive Misland, V. Mischka Moodley, Pascal Musoni,
Chad Centner, Clinton Moodley, Janet Scholtz, Mark Nicol

学術研究

Evaluating WASPLab® against manual processing for infection control screening swabs – An Australian perspective

Catherine WRIGHT

学術研究

Comparison of Five Media for Detection of Extended-Spectrum Beta Lactamase by Use of WASP® Instrument for Automated Specimen Processing

P. Grohs, B. Tillecovidin, A. Caumont-Prim, E. Carbonnelle, N. Day, I. Podglajen and L. Gutmann

学術研究

Comparison of Automated Processing of Flocked Swabs with Manual Processing of Fiber Swabs for Detection of Nasal Carriage of Staphylococcus aureus

Gillian Jones, Roger Matthews, Richard Cunningham and Peter Jenks

学術研究

Can image analysis automatically screen for Streptococcus agalactiae in specimens collected from pregnant women?

J. Steenbergen

学術研究

Validation and implementation of Colorex™ CHROMagar™ Strep A agar on WASP®/WASPLab® for screening for Streptococcus pyogenes using the eSwab®

M. Gaskin, D. Yamamura, J. Korver

学術研究

Recovery of aerobic gram-negative bacteria from the Copan Eswab transport system after long-term storage.

Sofie C.M. Tops, Marlien Kolmus, Damy Wulms, Jakko van Ingen, Heiman F.L. Wertheim, Eva Kolwijck

I'm looking for...

詳細にサーチ

お問い合わせ

より詳しく知りたい情報についてお気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせ

何かお探しですか?

必要な情報を見つけるために便利なサーチツールをご活用下さい。

サーチ

Contact

Thank you!Your submission
has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.