Copan Group

クリニカル

UTM®

汎用性の高いウィルス用輸送培地

Copanのユニバーサル・トランスポート・ミディアム(UTM®)システムは、ウイルス、
クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマを含む臨床検体の採取、輸送および保存を
目的としています。

プロダクトフォーカスをダウンロード
copan group

組成

ユニバーサルソリューション

CopanのUTM®は、CLSI M40-A2規格に準拠しています。UTM® ハンク平衡塩類(HBSS)は、タンパク質、糖類およびpHインジケーターを豊富に含んでいます。独自の処方には抗生剤と抗真菌物質が含まれており、細菌や真菌のフローラが過剰に成長することを防ぎます。

Copan

検体処理とアプリケーション

汎用性が高く、
自動化に適正化

UTM®は、抗原検査や核酸検査に対応しています。マニュアル操作、またはCopan UniVerse™などの自動化されたラボプラットフォームで処理することができます。

Universe™
Copan

PodSwab™ ‐ UTM® を利用した検体プーリング

プーリング検査によって
時間やリソースを節約

PodSwab™は、6mlのUTM®チューブと5本の鼻腔用フロックスワブを組み合わせたもので、1つのチューブに最大5つの個別検体をプールすることができます。プールされたサンプルが陰性の場合、1回の検査で、プールされたすべての患者が陰性とみなされます。逆に、プールされたサンプルが陽性の場合は、チューブ内の各人を個別に再検査する必要があります。PodSwab™ は、特に発症率の低い疾患において、多くの運用上の利点があります。検査機関は、1回あたりの検査コストを削減しながら、検査対象者の数を大幅に増やすことができます。

Copan

人気のある当社製品のひとつ

その機能性から、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)はUTM®がCovid-19のスクリーニングに適切な製品であると発表しています。

CopanGroup

FLOQSwabs®について

毛細管現象を利用した迅速な検体採取と優れたリリースを実現し、医療検査の可能性を広げます。

もっと見る
CopanGroup

安定性の向上

UTM®は、ウイルス、クラミジア、ウレアプラズマ、マイコプラズマを室温および冷蔵のどちらの場合でも48時間保存することができます。また、-80℃では1年間の保存が可能です。

CopanGroup

ガラスビーズ

各チューブには3つのガラスビーズが入っており、攪拌の際にスワブから検体やウイルス粒子の放出、分散を補助します。

CopanGroup

異なるスクリューキャップの形状

スワブシャフトを固定してチューブの取り扱いを容易にするキャプチャーキャップ、または穿刺可能であり、再び閉じることのできるPNR™キャップ(現在開発中)があります。

理想的な組み合わせ

FLOQSwabs®について

UTM®とFLOQSwabs®の組み合わせは、採取部位を問わず類を見ない検体採取機能を実現し、その可能性をさらに広げます。私たちが「パーフェクトな採取デバイス」と呼ぶ理由をご覧ください。

FLOQ®テクノロジー
Copan

製品ラインについて

この製品ラインは、ニーズに適した様々な製品を取り揃えています。
これらの機能の概要をご確認の上、お客様のニーズに合った製品コードと、
お客様の国で入手可能な製品については、当社までお問い合わせください。

採取部位

Copan Group
  • 鼻腔
  • 口腔
  • 鼻咽頭
  • 尿道

適用分野

Copan Group
  • 呼吸器感染症
  • 性感染症

形状

Copan Group
  • レギュラー
  • ミニチップ
  • フレキブルミニチップ
  • 小児

ダウンストリームアプリケーション

Copan Group
  • シェルバイアル法
  • 迅速抗原検査
  • 直接/間接蛍光抗体法
  • 核酸増幅検査
注文情報をダウンロード
推奨される使用方法の一覧表です。お客様のGLP基準を参考に、最適なデバイスをお選びください。
当社製品を診断キットや診断設備と組み合わせて使用する際には、ご使用者自身で内部検証を行う必要があります。

サイエンティフィックな評価

当社は常に科学的なアプローチを信じ、私たちの努力や取り組みに対する成果について、
多方面からの評価を受けたいと思っています。

学術研究を見る

Eur J Microbiol Immunol 2013 – Frickmann H. et al.

COPAN UTM®-RT transport medium for viruses, chlamydia, mycoplasma, and ureaplasma provides good results regarding storage and transport of rickettsiae. The sample-containing medium should be transported at 4 °C to achieve optimum results concerning the preservation of rickettsial viability.

さらに見る

Viruses 2020 – van Bockel D. et al.

Conversely, COPAN UTM® in the presence of viable cells supported viral infectivity at or greater than levels observed in the positive controls.

さらに見る

Journal of Clinical Microbiology 2011 – Luinstra K. et al.

UTM®-RT is widely used as a viral transport medium, but little has been published regarding the stability of respiratory viruses at various temperatures and storage times. We found that samples in UTM®-RT were stable at room temperature for up to 14 days and were stable for at least 21 days if refrigerated or frozen.

さらに見る

Virology 2020 – Walsh P. et al.

RSV remains viable in UTM®-RT for up to 96 h and, in this regard, has been reported as superior to other transport media. Adapting the Nylon flocked swab/UTM®-RT collection method to nasal secretion sampling would provide a better method of nasal secretion sampling.

さらに見る

Clin Microbiol Infect 2021 – Berenger BM et al.

Although collection of Nasopharyngeal swabs alone (or with an Oropharyngeal swab) and saliva in UTM® may provide higher sensitivity than saliva alone, saliva in UTM® offers many advantages over a Nasopharyngeal swab because it is non-invasive, convenient (especially for children), involves minimal labour and lends itself well to mass screening programmes.

さらに見る

この製品ラインに関連するリソースを探す

Copan Group

パンフレット・資料

適用分野カタログ (英文)

Copan Group

製品焦点(英文)

Copan Group

科学冊子(英文)

Copan Group

科学冊子(英文)

Copan Group
Copan Group

関連ビデオ

ビデオ (英語)

Copan Group

ビデオ (英語)

Nasopharyngeal Collection with FLOQSwabs® and UTM®

A proper nasopharyngeal specimen sampling is crucial for a correct diagnosis of respiratory tract infections, including COVID-19. To help the collection of SARS-CoV-2 in compliance with CDC and WHO guidelines, we created this how-to educational video.

Copan Group
Copan Group

主な学術研究

学術研究

Evaluation of Transport Media and Specimen Transport Conditions for the Detection of SARS-CoV-2 by Use of Real-Time Reverse Transcription-PCR

Amy A. Rogers, Russell E. Baumann, Gwynngelle A. Borillo, Ron M. Kagan, Hollis J. Batterman, Marzena M. Galdzicka, Elizabeth M. Marlowe

学術研究

Mycoplasma and Ureaplasma carriage in pregnant women: the prevalence of transmission from mother to newborn

Avi Peretz, Oran Tameri, Maya Azrad, Shay Barak, Yuri Perlitz, Wadie Abu Dahoud, Moshe Ben-Ami & Amir Kushnir

I'm looking for...

詳細にサーチ

お問い合わせ

より詳しく知りたい情報についてお気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせ

何かお探しですか?

必要な情報を見つけるために便利なサーチツールをご活用下さい。

サーチ

Contact

Thank you!Your submission
has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.